レンズをのぞいて見てみたら

日常や旅先でのひとコマを切り取ったフォトブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

兵どもが夢の跡 


・・・まさにそんな感じの城跡
IMG_4534 r

2011年、岐阜・岩村城。すごく行きたかった城の一つ。
駐車場から徒歩30分で行けるのですが、なにせ山城。
未舗装の山道の両脇は立派な木がそびえ立ち、光を遮って物々しい感じになっています。

早速、徒歩で登城しようとしたら、『熊注意』の看板。
草むしりをしてたおじさんに聞いてみた。
   

わたし : 熊見かけたことありますか?

おじさん: あるよ

わたし : 誰か襲われたりしたことは?

おじさん: ないよ。こっちが悪さしなければ襲ってこないよ


・・・ホントにいるんだね・・・熊・・・


早速、登城開始する(かなりビビッてる)
   ↓
前にも後ろにも誰もいない
   ↓
うっかり熊と運命の出会いを果たしてしまったら、タイマンで決着をつけなければいけないという
なんともデインジャラスで刺激的な展開が待っている・・・かもしれない
   ↓
引き返そうか迷う
   ↓
城見たい > 熊怖い
   ↓
思い留まる
   ↓
120cmほどの木の枝を発見。右手に持つ(もしもの時シバくため)
   ↓
コブシ大の石発見。左手に持つ(もしもの時投げつけるため)
   ↓
結果、疲れる
   

到着したら、普通に人がいましたけどね。両手に長い枝と石を持っているのが恥ずかしくなりました。

人間、ピンチの時こそ冷静に・・・・
そもそもピンチでもなく、恐怖心が作り出した虚像というか妄想みたいなもの。

・・・くれぐれも熊とタイマン張ろうなんて思わないように。
IMG_4556.jpg

スポンサーサイト

コメント

熊に会っても死んだふりは通じないそうですね。対峙しつつゆっくり後ずさるのがいいそうですよ。

拙ブログにご訪問いただきありがとうございました。
 
また、よろしかったらお立ち寄りくださいませ。

たっつん #YHInhhNk | URL | 2014/08/22 06:23 * edit *

たっつんさんへ


コメントありがとうございます。

死んだふりもNGなんですね。

九州には熊がいませんので、熊注意の看板はかなりビビります。

鈴でも買おうかな?

また、立ち寄らせていただきますね(^ ^)

きなよん #- | URL | 2014/08/22 12:34 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kinayon.blog.fc2.com/tb.php/241-befd3688
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。